玩具メーカーの離職率

玩具メーカー転職TOP >> 玩具メーカーの転職の基礎 >> 玩具メーカーの離職率

玩具メーカーの離職率

転職を考えている人にとって、次の職場がどんな環境かというのはとても大事です。とは言うものの、それぞれの会社や業界の雰囲気や環境の定義はあいまいですし、人によって感じ方は違うので、客観的に見るのは難しいものです。しかし、それをある程度知ることができるパラメーターが、離職率です。かなり大雑把な見方をすると、離職率が高いほど、同じ職場に留まる期間が短いということになります。しかし、それがすなわち環境の悪い企業や業界であるとも、一概には言えないので、1つの目安に過ぎないということも覚えておくと良いでしょう。

業界別に見てみると、医療関係や飲食・サービス関係で離職率が高い傾向があります。玩具メーカーは会社や送り出している商品によって分野が分かれるので、ひとくくりにできませんが、一般的には製造業やコンピューター関連に分類されます。製造業は各業界と比べても離職率が低いので、1つのところに安定して留まるという傾向がうかがえます。一方、コンピューター関連業界では、少し離職率が高い状態ですが、企業によってまったくポイントが違うので、まとめて考えることはできません。

ただ、傾向として言えることは、コンピューター技術者の転職の頻度は高めであるということです。これには、ゲーム業界の技術者も当てはまります。そして、その転職のタイミングはプロジェクトの節目や、ボーナス受給後に集中しています。こうした技術者は1つの大きなプロジェクトに集中して、その報酬が出ると、さらに別の大きなプロジェクトを目指して他社に異動する動きを繰り返している、と見られます。ですので、この業界で離職率が高いと言っても、環境が劣悪なために会社を辞めているからとは一概に言えないことが分かります。職場環境については、大手の玩具メーカーでは福利厚生を含めて、かなり配慮が払われていますので、安心して転職活動を行えるでしょう。

このように、転職を行う際には、一般に公表されている情報だけでなく、それぞれの企業の様子を正確に把握することがカギと言えます。そのための強い味方が、転職エージェントがサービスの1つとして行っている、専任コンサルタントによる企業の内部情報を提供するサービスです。細かい条件だけでなく、企業の社風や業務の実際、今まで勤めてきて人の感想などを、しっかりと調査して教えてくれるので、自分の考えや希望に合っているかどうかを知ることができます。転職エージェントの強みを活用して、より良い転職を行いましょう。


Copyright (C) 2014-2018 玩具メーカー転職エージェントランキング All Rights Reserved.